© 2019 深セン市の黄金屋真空科技有限公司 
粤ICP备05044451号 网站建设:中企動力 深圳

IPゴールド
IPゴールド
市場ではやっているゴールド色(たとえば、アップル携帯のアルミ色ケース、インテリIT 製品、自動車薄いシャンパンゴールド等)、真空イオンゴールドメッキを開発しました。
IP真似ゴールド
IP真似ゴールド
真空イオンゴールドメッキはIP真似ゴールド略称とします。色範囲はB値で表示し、一般的に20-50の間にあります。
IPG
IPG
真空イオンメッキは「炉内金」という。色は一般的に0.5N、1N、2N、3N等濃く、薄い金色を分けっています。水に入れて金メッキはいらなく、別に色を調整します。現在、調製するIPGは磁性制御噴射メッキ方法を採用します。この方法は一般的に高級腕時計、コスチュームジュル、飾り金具などに用います。
IPRG
IPRG
真空イオンメッキローズゴールド、IPRを略称します。
IPコーヒー
IPコーヒー
現在、市場でのIPコーヒーはだいぶ薄いコーヒー色であります。IPコーヒーメッキの成分は主にチタンカーボン窒化或いはチタンカーボン窒化合金より構成します。IPコーヒー色の濃くと薄くは市場のニーズによって活用に調整します。現在、調製方法はアークイオンメッキと磁性制御噴射メッキの2種類方法を採用し、メッキ肉厚は一般的に0.3um-1.3umであります。
IP紫コーヒー
IP紫コーヒー
メッキ肉厚の成分は主にチタンカーボン窒化合金とし、多種類合金元素を使って色を変化させます。調製方法は一般的にアークイオンメッキと磁性制御噴射メッキを採用して、アークイオンメッキは一般的に機能メッキに用い、磁性制御噴射メッキは飾りメッキに用います。
IPブラック
IPブラック
色の濃くと薄くは一般的にL値で表示します。例えば、ブラックL値が30-35に至ると、a、b値は1以下になり、最高は0に近づきます。 IPBメッキ成分は最初に炭化チタンとし、その後に多種類成分を拡大しました。例えば:炭化ジルコニウム、炭化チタン合金、炭化クロム、炭化金属に加入する黒鉛等。現在、調製IPBの方法は一般的に磁性制御噴射メッキを採用し、直流噴射メッキと中間周波数噴射メッキを分けます。IPBの飾り肉厚は一般的に0.5um-1.5um、機能肉厚は一般的に2.5um又はその以上であります。
IPグレー
IPグレー
真空イオングレーメッキ、IPグレーを略称します。
IPガン
IPガン IPガン
真空イオンガン色メッキ、IPガンを略称します。
DLC
DLC
DLCは英語「Diamond Like Carbon」の略語で、金剛石類似メッキと翻訳します。
IP硬度追加メッキ
IP硬度追加メッキ
メッキのビッカース硬度1000HV以上になると硬度追加メッキと言われて、市場の600HV、800HVの普通硬度のメッキより硬くて、製品表面の傷防止能力を大幅に向上しました。
IPS
IPS
真空イオンステンレスはつまりステンレス素材色であります。最初に腕時計の銅合金材質に用い、伝統なPNP等メッキにIPSメッキを行い、耐磨、耐腐食性能を向上します。
IPブルー
IPブルー
真空イオンメッキブルーメッキは主な成分が酸化チタン又は酸化チタン合金とします。