© 2019 深セン市の黄金屋真空科技有限公司 
粤ICP备05044451号 网站建设:中企動力 深圳

:

企業資質

 

  •  

     

2014

  • 10月

    工具業界に用いる類似金剛石メッキ(DLC)を時計、コスチュームジュルのメッキに用いようになりました。

2012

  • 5月

    大きいパワーメッキ設備を導入し生産に用いて、メッキの緻密度と表面鏡面度を向上しました。

2010

  • 6月

    新規のラインアップはゴルフボールのボス及び携帯シェルト等金具を生産します。

2008

  • 5月

    自動化の洗浄設備の導入は、洗浄効率を向上しました。

2006

  • 2月

    「廃水処理」の工事は検証OK、もうすぐに使用をはじまります。

2004

  • 2月

    取締役 胡顕奇が「深セン市標準化専門家チームのメンバーになります」。

2003

  • 10月

    当社が深セン市ハイテク企業を認定されました。
  • 9月

    ISO『物理気象沈積メッキ(PVD)-IPG技術規範』の起案の主担当企業であります。
  • 5月

    当社は「深セン市特区科技専門家委員会の委員会社」を授与されました。

2002

  • 11月

    取締役 胡顕奇は「全国金属と非貴重金属メッキ標準化技術委員会の委員」を招聘されました。
  • 8月

    CCFは国防科技工業委員会の国防課題とされました。

2001

  • 10月

    広東科技庁の重大専門項目「真空メッキ技術で普通メッキの産業化モデル基地」を担当します。

2000

  • 11月

    取締役 胡顕奇は863計画「金属陶器複合メッキ」課題のリーダーとして、
    『八六三新材料領域十五周年(19860-2000)』に記入され、863計画項目の専門家であります。
  • 11月

    北京航空材料研究院と協力して、国防科技工業委員会の「金属陶器複合メッキ応用科技研究」の課題を担当します。

1999

  • 9月

    CCFプロジェクトを国際の「863計画」にしました。

1998

  • 5月

    金属と陶器複合メッキ(CCF)の研究は成功になりました。

1996年

  • 9月

    会社の創立。